興味のあるニュースについてにわかごときが述べるブログ

老後は2000万円必要。年金とは何だったのか?

CATEGORY政治&経済
nenkin


これは年金が破綻していることを示している。
年金100年安心はうそだったのか?
詐欺と言われてもしょうがない。...

金融庁は年金について、老後は年金とは別に、2000万円の資産形成が必要などという報告書を出した。麻生財務大臣もこれに関連した発言が失言として問題になった。

政府「納付された年金はあなたの老後に返せなくなりそうなので、後は自分でがんばってください」

今回の問題で政府の本音を一言でようやくすると、おそらくこうなると思う。それに対して、ふざめるなという感情しかわかない。しかし、政府は随分前からこういう試算になることをわかってないはずがない。年金100年安心は詭弁だったということだ。よくも平気でこんなことが言えたなと思っている人は決して少なくないと思う。10年くらい前の年金記録問題も実は繋がっていたのではないかと勘繰ってしまう。あれは確か第一次安部政権の時の出来事だったはず。安倍首相の責任は行政の長として責任はあるが、年金システムの脆さを放置しつづけてきた自民党の責任は大きいし、旧民主党政権にも責任があり、自分達に一切責任が無いかのように政局のために与党を叩いているのは解せない。もちろん、こんな国会議員達に投票してしまった我々、国民の責任は重い。

すでに手遅れかもしれないが、こうなったら年金システムを解体再編を含めて、大規模に見直さなければならないと思う。政府が年金を確実に保障できないのであれば、強制加入からかつてのように任意に戻すべきだ。そして、各自の人生に合わせて、形成すれいいのではないだろうか?

筆者的には第四次産業革命の到来でこれまでの労働そのものが急速に変わることを考えると、最近言われるようになってきたベーシックインカム(BI)の導入を議論しなければならない時期に来ていると思っている。日本でするのかどうかも含めて。もし、世界に先駆けて成功すれば、BI先進国と呼ばれるようになるだろう。でも、BIがいっさい提唱されない国会の様子をみていると、BI後進国になる可能性の方が残念ながら高いと見ている。

話を戻すと、衆参W選挙があるといわれている中で、これが出てくるのは政権にとってマイナスだろう。しかし、国民への説明をしっかりし、納得できる対策案を示せれば、ダメージは減るだろうが、他にも消費税10パーセントも自民党の公約にするようなので、今回の選挙は相当厳しくなることが予想される。国民は消費税増税については、ほとんどの人が妥協できないだろう。負担になる増税をするといっているのに、自民党に票を投じる人は、平気な富裕層なもんだ。

このままでは敗戦の責任を取って、退陣もあり得ない話ではない。そうなれば、日本だけでなく世界の行く末はどうなってしまうのだろうか?

今回の選挙は日本と世界の運命を決めることになると思う。有権者はもう、組織投票とか有名人投票をいい加減乗り越えて、己で「何が良いのか?」を考え、1票を投じなければならない。


※上記はにわかの個人的な考えと感想です。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

1Comments

There are no comments yet.

匿名さん  

国民年金が導入された頃、自民党は年金で集めた金を軍事費に使うつもりだ。年金には入らないようにと説得に回っていた末端の共産党員を知っている。ソ連の年金はどうなった?日本の年金はなんとか回っている。崩壊するから年金は納めないと言ってると将来は生活保護に頼ることになるよ。

2019/06/10 (Mon) 07:35 | EDIT | REPLY |   

REPLY

Leave a reply