興味のあるニュースについてにわかごときが述べるブログ

北朝鮮が安倍首相の無条件会談発言に反応。何かのきざしか?

CATEGORY政治&経済
N-J


これは北朝鮮のメッセージと捉えていいかもしれない。
しかし、日本側として無条件というのはどうなのだろう?...

北朝鮮は安倍首相の前提条件をつけずに会談をしたいという発現や、河野外相の正しい選択などという発言に反応し、「厚かましい」と反論した。

日本側のアプローチに対する最初に反応がこれである。

一見、反発して応じるきはないようにみえるが、厚かましいと怒ったような反応をみせるということは、ツンデレのようなもので、応じる可能性が高いと感じる。そうでなければスルーすればそれで終わってしまうことだ。

北側の立場は今非常に厳しい局面にある。以前記事にも書いたと思うが、パイプ役だった叔父のチャン・ソンテク氏を処刑し、中国から距離を置かれ気味になり、アメリカとは二回首脳会談をおこなったが、弾道ミサイルと核廃棄を要求してくる。立場上、北側が呑めるはずがないので、交渉は決裂し、物別れに。次にロシアとも首脳会談をしたが、得意の遅刻に合い、プーチン大統領に満足に相手にされずに終わった。その責任を取らされ、会談に同行した一部の幹部が処刑も含め、処分されたようだ。その中に金委員長の妹のヨジョン氏も謹慎処分になっている。これは会談が失敗したことを物語っている。

残っているのは大国の日本のみとなってしまった。

日本側は拉致事件の交渉を進展させるために、発言を通して、首脳会談を用意があると北朝鮮にメッセージを飛ばした。そして、今回の北側のメッセージだと思う。日本政府が実際どう受け取っているかは断定できないが、おそらく、前向きにとらえているかもしれない。だとすると、水面下交渉が始まるかもしれないし、もう始まっている可能性もありえなくはない。この機会は日本としては逃すことはできない。会談になり、交渉がうまくいけば拉致被害者の一部の人達が帰ってくる可能性もある。本当は全員の即時帰国が理想だが、北側が応じるとは思えないので、段階的に交渉を続けていって、最終的に全員帰国になるというのが現実的な形になると思う。

いずれにしても、選挙の後に物事が本格的に動きだすことだろう。

締めに今年の選挙は日本の正念場、運命を左右することになると思う。

※上記は、個人的な考えと感想です。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply