興味のあるニュースについてにわかごときが述べるブログ

日米貿易交渉でトランプ大統領がツイート。いったいどういうことなのか?

CATEGORY政治&経済
trump.jpg


選挙が終わるまで隠すつもりだったのか?...

トランプ大統領はツイッターで日米の牛肉と農産物の貿易交渉は具体的に日本の選挙の後に交渉していくというような内容のツイートをした。

安倍首相はこのことについて国民への説明が必要だと思う。選挙が終わるまで口を閉ざせば、国民に対する詐欺にもなりかねない。交渉ごとなので全ては明かせないだろうが、総理大臣としてどういうことなのか最低限の説明はしなければならないはずだ。

筆者的にはこの交渉について、アメリカの有利な結果になる可能性が高いとみている。トランプ大統領はツイートの最後の部分に大きな数値目標を見込んでいると書いてある。

これはお互いが選挙で勝てるようになるための算段ではないかかと言われている。

その可能性は充分にある。これからの政治スケジュールをみれば、納得がいく。トランプ大統領は2020年に2期の大統領選挙があり、支持者で成果を示す必要がある。安倍首相はもうすぐ参議院選挙があり、場合によっては総選挙もありえる。そんな時期にマイナスな要素は避けたいと思っていたかもしれないが、今回トランプ大統領がツイートしたので、どう対応していくのか注目していきたいところだ。

トランプ大統領は日米貿易赤字を解消して、アメリカに利益をもたらしたいという方針で、ようはアメリカ製のものをとにかく日本に売りたい。日本が買わないから赤字になっているという主張で「もっと買え!」と言っている。それに対して、日本側は牛肉や農産物で妥協する余地を示しているから、あのツイートになったのではないかと筆者的には思っている。

これをやって畜産農家や農家に打撃にならないように対策しなければならない。内容次第では農協や関連団体から反発が予想される。だから、選挙も踏まえて、消費増税とダブルパンチになるのでこの件は伏せていたのかと勘ぐってしまう。

貿易は経済に直結してくので、影響が出ないように、WIN-WINな関係をこれはトランプ氏も首脳会談前に発言していたが、それを望みたい。

共同記者会見を見ると、トランプ氏はTPPへの加盟はしないということを強調していたので、交渉がタフな状況は今後も変らず、続くだろう。

※上記はにわかの考えと感想です。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply