興味のあるニュースについてにわかごときが述べるブログ

大型連休で景気は刺激される!?

CATEGORY政治&経済
改元による10連休でどれくらい消費されたのか気になる。

それは今後発表される投稿をみなければ、わからない。しかし、確実にわかることはかつての連休よりも消費が伸びているということだ。景気が多少良くなっても景気がいつか悪くなるのではないかという心理で財布のヒモが固い。賃金が上がらない、物価上昇、消費増税などの要素が余計にそうさせている。
今回の大連休が国民のお金を使わせるキッカケとなった。聞こえ悪い言葉の表現にみえてしまうだけれども、お金の動きがないと景気が良くならないと思う。今、なぜ景気がいいといわれているかそれは、オリンピックでそのために積極的に税金も含めてお金がたくさん使われているからだろう。これは後に、2020年バブルなどと呼ばれるのではないかと予想している。だが、それももうすぐ1年くらいで終わりをむかえるだろう。大阪万博で少しは持ちこたえるかもしれないが、期限つきだ。

その後、どうするのか?これが本番。

なにもしなければ、お金の動きは再び鈍くなり景気は停滞か後退する可能性がある。そうなれば、悪夢の再来も。それは避けなければならない。
そのためには大型連休のような消費する機会が必要だと思う。といっても、使う人は使うし、使わない人は使わないだろうけれど。

これから出るいろんな統計で大型連休は景気に刺激を与えているとなれば休日の必要性に気づくことになるはず。ただ、社会に全体に悪影響になってよくないけれど、こうでもしなければ、日本人は中々お金を使いたがらない性質だと思う。

だが、その前に諸外国のように賃金のアップがなされなければ、先には進めない。




※上記は個人的な思考と感想です。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply