興味のあるニュースについてにわかごときが述べるブログ

【悲報】専業主婦の年金が減らされる!?

CATEGORY社会
日本の年金は本当に大丈夫なのか?明るい未来が見えてこない。

愚かにも政府は専業主婦に対する年金を減額しようとしている。このニュースは今のところ大きく報じられていない。国民の知らない所で進行しているようだ。これは国民生活の根幹に関わることなので、しっかりと国民へ説明する必要がある。
こんなことを検討し始めたのは、外に出て、仕事をする女性の声を聞いての動きのようである。ようは「専業主婦なのになぜ、自分達と同じ年金額なのか?不公平だ!」ということを言いたいのだろう。しかし、一方の専業主婦の声を聞かない政府はおかしいし、一方的過ぎる。これでは、専業主婦の人達が受け入れられるわけがない。政府は専業主婦の人たちの意見を聞いて、あらためて、検討するべきだ。

専業主婦の人たちは配偶者の男性が厚生年金に加入している場合は、専業主婦の人の保険料は配偶者の年金保険料に含まれている。誤解されるのが、専業主婦の人は年金保険料を納めていないというイメージだが、この認識は間違いである。筆者も少し年金について調べてわかった。年金については何かないと調べる機会がないので、なかなか理解しにくいと思う。

改正には主に3プラン用意されていて、一つ目は筆者としては、配偶者と別にして、国民年金保険料を納めさせることと、二つ目は老齢、障害、遺族基礎年金を半額にする案、三つ目は配偶者の年金保険料にさらに保険料を追加する案があるとのこと。

どのプランを見ても、明らかに専業主婦というシステムを破壊しようとしているのではないかと言わざる負えない。政府の本音は人手不足なので専業主婦を総動員したいという風に見えてしまう。これは下手したら一種の間接的な強制労働になってしまうのではないかと危惧する。どれを見ても、専業主婦の選択肢が限られ、経済的に追い詰めているように見えてしまう。
専業主婦の方々にもさまざまなケースがあり、家庭の事情、子供のこと、お年寄りの介護などいろんな事情を抱えている。現行のシステムを廃止すると、回っていたものが崩れやがて破綻し、特に低所得者は大打撃になる恐れがある。

にわかである筆者の考えとしては、わざわざ生活安心システムを廃止する必要性はなく、企業に働く女性に対して年金額を増やすようなプランを作ればと良いと思う。しかし、それでは、年金が足りなくなると言うのかもしれないが、しかしそれはこの国の年金が破綻するまたはしていることを認めたようなものだ。

ただ、どうしても3つプランの中で苦渋の選択をすれば、二つ目のプランになる。一つ目と三つ目は保険料の負担が大きい。二つ目は受け取りは半額になってしまうが、保険料は増えない。そして、働く女性の声を反映させ、フェアに考えるならこれになる。だが、受け取り金額は半分というのは議論するべきだ。

どっちにしろやらないことに越したことはない。それにしても、女性進出を強調しておきながら、外国人受け入れに関する法を先に改正し、後からこれなので、取り組む順序が逆さまだと言いたい。


※上記はにわかの個人的な見解と感想です。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply