興味のあるニュースについてにわかごときが述べるブログ

【終身雇用終了のお知らせ】これからの若者に待ち受ける未来とは?

CATEGORY社会
 経団連の会長中西氏から衝撃的な発言がされた。タイトルにもあるように一度入社したら定年までその企業で仕事が続けられる終身雇用システムの終わりが宣言された。
これは日本の労働社会を揺るがす重大事といえるはずなのにネットも含めて、報道が薄いような気がする。ニュースとしてしっかり国民伝えるべきことなのに、なぜなのだろう?日本の大企業をまとめている経団連のトップが今の雇用システムが維持出来なくなり、「これからの働き方そのものが変わりますよ」とアナウンスしているのにもかかわらず。 
今回のお知らせには実は前触れがあったと思っている。それは『副業の解禁』だ。
近年、副業を認める企業が増え始めていて、副業をする人も比例するように増えているようだ。令和からはそれが当たり前の時代になっていくのかもしれない。定職の時代から転職の時代へまた、専業の時代から兼業の時代にシフトしていくと思う。経団連の会長の発言から読み取るに、「企業に入ったからと言って、定年になるまで、あなたの人生を保証はしかねる」ということではないだろうか?

これを聞くと、会社に人生を捧げ、家族をも犠牲にしている従業員は「たまったものではない」と怒りに震えることだろう。その気持はその立場に立てばよくわかる話なのだが、経営者の視点から見ると、それをこれからも続けると事業が維持出来ないし、企業が進歩出来ず、生き残れないという懸念があるからだと思う。経験も必要だが新たな人材の新たな発想が求められる世界に突入していっている。ひょっとしたら、しばらく日本社会がデフレも含めて停滞していたのはそういう要素を引きずっていたからかもしれない。新卒一括採用システムもそう可能性があるが、このシステムは経団連が廃止に踏み切った。このシステムは廃止して筆者としては正解だったと思う。他国ではこのようなシステムはほとんど採用されていないからだ。

人生の安心システムだった終身雇用は令和の時代から崩壊が本格化してしまうのだろう。ある意味、過酷であり、逆にみれば、縛られず、自由になりやすくなるが、その分、自由だからこその厳しさも待ち受けている。縛られる厳しさと自由の厳しさ、どちらが良いか人それぞれ考え方は違うだろう。今、これを読んでいる読者の方はどうだろうか?筆者としては、どちらも一長一短はあって、人間らしく生きること選んだなら後者が選びたい。その結果がどうなったとしてもたぶん悔いは残らないと思うから(笑)。

いずれにしろこれからの30代以下の世代は難しい時代になっていくに違いない。




※なお、上記はにわかの個人的な見解と感想です。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply