興味のあるニュースについてにわかごときが述べるブログ

最大4割引と言うが・・・。ドコモの新しいスマホ料金プラン「ギガライト」と「ギガホ」ににわかが思うこと

CATEGORYITニュース
 筆者は元ドコモユーザーなのだが、この新プランは現行より4割下がると言うが、よくよく見れば結局大して変わらないと思った。 
 ドコモが打ち出した「ギガホ」と「ギガライト」という2つの新プラン。前者はインターネットをたくさん使いたい人向けで月6980円で30GBまで使えるということ。動画やゲームをするヘビーユーザーにとっては一見、朗報にも聞こえるかもしれないがよくよく考えるとヘビーユーザーならば30GBなど普通に使いきってしまう。ほどよく使うミドルユーザーにはちょっと多いくらいでデータ容量を意識せず使えるかんじだ。

 筆者がそれに当てはまると思う。 

 しかし、利用する人によってはこんなにいらないと思うミドルユーザーもいるだろう。そこで後者のプランを考えるようになるわけだが、後者は1GBのデータ容量の使用を基準に月2980からスタートしていく。インターネットをあまり使うことが少ないライトユーザーにはちょうど良いかもしれないプランだと思う。

 しかし、ミドルユーザーは月1GB以上は超えて結局、約4000円近くかかって、現行と変わらなず結果として大差ないのではないかと思ってしまったというわけだ。さらに、端末料金も追加されてくれば余計にそう思わざるおえなくなる。

 ドコモは通信料金と端末料金を新プランから一緒だったのを国の要請の影響もあってか分離することを打ち出した。現行はセットの料金からいくらか割り引いていた「月額サポート」というサービスがあったわけだが、このシステムも筆者がユーザーだった時に調べたことがあったのだがなんというかビジネスだなと思った覚えがある。中々だ。

 2019年の秋頃から現行キャリア3社に新たな携帯通信の事業社が加わる。新規参入社の料金とサービス次第では現行の手法では通用しなくなってくるはずだ。料金体系の大幅な変革を迫られるだろう。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply